過去のお知らせ

下記の内容は既に終了致しました。


韓国口訣学会への派遣発表者の決定について

韓国口訣学会第55回全国学術大会への派遣発表者の募集に際しましては、多数のご応募をいただき、まことにありがとうございました。運営委員会における厳正なる審査の結果、以下の二名の会員を派遣することに決定いたしました。今回惜しくも選考に漏れた応募者の方も、次回、またご応募下さいますようお願い申し上げます。

・マシュー ジスク 氏
 発表題目 訓点資料と口訣資料の英語による記述方法について
・田中 草大 氏
 発表題目 日本における「漢文」の枠組みとバリエーション

開催日 2018年8月16日~17日
会 場 Hotel Ciel Bleu (済州市)
なお8月15日は同会場にて南豊鉉先生による若手研究者対象の講習会(旧訳仁王経の講読)があり、權仁瀚会長の御厚意により、上記二名の派遣会員も参加させていただけることになりましたので、合わせてお知らせいたします。


韓国口訣学会への派遣発表者の募集について

訓点語学会では2017年度から韓国口訣学会と研究者交流を行っています。2018年度は8月16日(木)開催の第55回口訣学会全国学術大会に本学会会員から2名を派遣し、また10月21日(日)開催の第119回訓点語学会には口訣学会会員から2名を派遣していただく予定です。つきましては、以下の要領で8月の口訣学会全国学術大会への派遣発表者を募集いたしますので、どうか奮ってご応募ください。

【募集人数】2名(若手研究者を優先します)
【募集期間】募集の受付は終了致しました。
【応募方法】日本語で発表題目と発表要旨(800字程度)を作成し、学会宛E-mail(kunten¥bun.kyoto-u.ac.jp、¥を、@に変換してください。)でお申し込みください。審査結果は6月中旬頃までに応募者個人に通知いたします。
【応募条件】以下の条件をご確認ください。
・訓点語学会会員で本年度の会費を納入済みであることが必要です。
・応募は個人のみとし、グループでの応募は受け付けません。
・渡航費用(現地移動費用及び宿泊費を除く)と渡航手続きは応募者の負担となります。なお、パスポートは渡航後の残存有効期間が3ヶ月以上必要です。
・使用言語:発表資料は韓国語で作成してください。口頭発表(質疑応答を含む)は日本語、韓国語のいずれかで行ってください。
・派遣決定後は口訣学会のスケジュール(発表資料締切等)にしたがっていただきます。
・論文化:発表内容を口訣学会機関誌『口訣研究』に投稿できます。
【会場校及びスケジュール】
・会場:済州観光大学(済州大学とは異なります)
・日程(予定):
  8月15日:入国・仁川国際空港または済州国際空港
  8月16日:口訣学会全国大会
  8月17日:エクスカーション
  8月18日:解散・出国


第2回訓点資料講習会の開催と受講者募集について

訓点語学会では,若手研究者育成のために,下記の要領で「第2回訓点資料講習会」を開催することとなりました。受講者を募集致しますので,希望者の方はご応募下さい。

(対象と趣旨)

訓点資料に触れたことが全くないか,ほとんどない大学院生や若手研究者の方を対象に,訓点資料を研究したり,訓点資料の用例を利用するための基礎知識を教授します。東京大学所蔵の訓点資料を実際にお見せします。

(日時)

2016年11月12日(土)(第115回研究発表会の前日)
11:00~18:00

(会場)

東京大学文学部国語研究室(東京都文京区本郷7-3-1)

(講師)
  • 月本雅幸(東京大学教授,訓点語学会会長)
(内容)
  • 仏書訓点資料の扱い方と解読
(受講者の資格)

訓点語学会の会員であること以外は特に問いません。

(受講者の定員)

約10名
定員を超えた場合には,初めての方を優先します。

(申し込みの締切)

受講者募集は締め切りました。


訓点資料講習会の開催と受講者募集について

訓点語学会では,若手研究者育成のために,下記の要領で「訓点資料講習会」を開催することとなりました。受講者を募集致しますので,希望者の方はご応募下さい。
(終了しました。平成28年度の予定は近日中に公開します。)

(対象と趣旨)

訓点資料に触れたことが全くないか,ほとんどない大学院生や若手研究者の方を対象に,訓点資料を研究したり,訓点資料の用例を利用するための基礎知識を教授します。東京大学所蔵の訓点資料を実際にお見せします。

(日時)

2015年9月5日(土)・6日(日)

(会場)

東京大学文学部国語研究室(東京都文京区本郷7−3−1)

(講師)
  • 小助川貞次(富山大学教授,訓点語学会委員)
  • 月本雅幸(東京大学教授,訓点語学会会長)
(内容)
  • 9月5日(土)11:00〜18:00 仏書訓点資料の扱い方と解読(月本)
  • 9月6日(日)10:00〜17:00 漢籍訓点資料の扱い方と解読(小助川)
(受講者の資格)

訓点語学会の会員であること以外は特に問いません。

(受講者の定員)

約10名,定員を超えた場合には学生または年少者を優先します。

(申し込みの締切)

訓点資料講習会については受講者の定員に達しましたので、7月17日をもって受講者募集を締め切りました。
なお、本講習会は今回のみではなく、今後も継続してゆくべく、運営委員会で目下検討しておりますので、今回受講されなかった方も次回以降にぜひともご参加下さいますようお願い申し上げます。

The Society for Research in Kunten Language