研究発表会

第124回 訓点語学会研究発表会のお知らせ

下記の要領で第124回研究発表会を開催致します。

  • と き  2021年5月23日(日)
  • ところ  Zoomを使用したオンライン開催
  • 参加費  会員は無料です(印刷版の発表資料が必要な場合は別途資料代が必要)。非会員の参加については現在検討中です。参加方法等は決まり次第、本HPでお知らせいたします。
  • プログラム

※昼休憩中の午後0時~午後0時30分に書店案内を行います。

○研究発表(午前9時30分)
一、ベトナム語による漢文読解について グエン・ティー・トゥー・フエン
(午前10時5分)
二、唐招提寺史料「家屋資材請返解案」について―文章と仮名をめぐって 軽部利恵
(午前10時40分)
三、「フサグ」と「フタグ」の意味用法について 胡鴻洋
(午前11時15分)
四、藤原忠実『殿暦』古写本の資料性について―漢字仮名交じり表記部分に着目して― 柳原恵津子
(午後0時40分)
五、平安時代の万葉仮名と「フ」の音価 鈴木裕也
(午後1時15分)
六、漢語「富貴」の語形について 坂水貴司
(午後1時50分)
七、金澤文庫本『白氏文集』の漢字音について―仮名音注・声点を中心に― 鄭門鎬
(午後2時30分)
八、合点を手がかりとする「字鏡集」の検討・続―朱筆合点について― 伊藤智弘
(午後3時5分)
九、『本草和名』諸本の研究・補論 武倩・丸山裕美子
(午後3時40分)
十、『雅言集覧』における『栄花物語』用例 平井吾門
○講演(午後4時30分)
一、国語史上の抄物の位置 木田章義
○ 総会(午後5時30分)

すでに終了した研究発表会のお知らせはこちら

The Society for Research in Kunten Language