研究発表会

第119回 訓点語学会研究発表会のお知らせ

下記の要領で第119回研究発表会を開催致します。

  • と き  平成30年10月21日(日)
  • ところ  東京大学文学部一番大教室
        (法文2号館2階、地図参照
    (例年の会場、山上会館ではありませんので、ご注意下さい)
     住所 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
  • プログラム
○研究発表(午前10時)
一、「字鏡集」の基本構造、及びその編纂方法について 伊藤智弘
二、『古文孝経』古鈔本の漢字音について 鄭門鎬
三、中世室町期におけるナルの可能形式化 三宅俊浩
(午後1時)
四、観智院本『類聚名義抄』の基本項目と拡張項目 劉冠偉・ 張馨方・ 池田証壽
五、倭名類聚抄所引本草和名に対する狩谷棭斎の研究 武倩
六、漢文注から見た世尊寺本『字鏡』の成立 李乃琦
(午後3時)
七、〈招待発表〉
  周本『華厳経』点吐釈読口訣に加点された口訣点の
  配置について
 
文玄洙
八、〈招待発表〉
  『瑜伽師地論』点吐釈読口訣と『華厳経』点吐釈読
  口訣の比較
 
李勇
九、日・越における漢文訓読の比較研究をめぐって グエン・ティ・オワイン
十、《法華経単字》と図書寮本類聚名義抄 宮澤俊雅
○ 会務報告
○ 懇親会(於 上海厨房)

すでに終了した研究発表会のお知らせはこちら

The Society for Research in Kunten Language