講習会

2022年度訓点語学会訓点資料講習会について

訓点語学会では、若手研究者育成のための講習会(訓点資料講習会、古辞書講習会、抄物講習会)を2015年から毎年開催しており、多数の参加者を得ています。今年度は、訓点資料を取り上げて実施することとしました。受講を希望される方は、下記の要領を御一読の上、お申し込みください。

【趣旨】
訓点資料は、国語史研究において重要な位置を占めています。しかし訓点資料研究のためには独特の知識を必要とし、研究者人口の現状とも相俟って、その研究方法の伝承が焦眉の急となっています。
このような現状を背景に訓点資料研究の知識と実技を教授し、幅広く国語史研究や関連諸領域の研究者の日々の研究に役立てて頂けるようにしたいと考えます。
今年度の講習会は、昨年に引き続き9月、12月、3月に開催します。予定している講師と講義内容は次のとおりです。それぞれの約1ヶ月前を目処に受講者を募集します。受講ご希望の方はその都度申し込みください。

【日時】
○第1回
2022年9月4日(日)9時~17時(12時30分から13時30分まで休憩時間)※終了しました。
○第2回
2022年12月18日(日)9時~17時(12時30分から13時30分まで休憩時間)
○第3回
2023年3月中旬開催(2月上旬募集開始)

それぞれの1ヶ月前を目処に募集します。受講ご希望の方はその都度お申し込みください。

【会場】
Zoomによるオンライン講習会(第1、2回)、対面開催またはオンライン開催(第3回)

【対象】
訓点資料研究に関心を持っている学生(学部・大学院、研究生、留学生)、若手研究者、一般社会人等

【資格】
申込資格はありませんが、希望者多数の場合は先着順とします。また、第2回の講習の参加に際して、第1回を受講している必要はありません。初めての方でも受講して頂けます。

【人数】
30名程度

【費用】
無料

【講師】(五十音順)
宇都宮啓吾(大阪大谷大学教授)(第1回、第2回担当)
小助川貞次(富山大学名誉教授)(第2回、第3回担当)
月本雅幸(東京大学名誉教授)(第1回、第3回担当)

【事前配布資料】
タイムテーブルの詳細等を記した受講の要領と使用資料を事前に配布します。

【申込】
訓点語学会事務局にメールで、件名に「訓点資料講習会受講希望」と記載の上、名前、所属・身分、訓点語学会会員の有無、郵便物の届く現住所(郵便番号も含む)、携帯電話番号、メールアドレスを明記の上、第1回については8月26日(金)までにお申し込みください。受講決定者には別途事務局から講習に関する諸連絡を差し上げます。
E-mail:kunten¥bun.kyoto-u.ac.jp(¥を@に変えてご利用下さい)

第2回講習会に参加希望の方は、12月11日(日)までに以下のGoogleフォームからお申し込みください。
第2回訓点資料講習会・参加申込フォーム

第1回 9月4日(日)開催
宇都宮啓吾「訓点資料概説」
月本雅幸「訓点資料解読の実際」

【第1回講習内容】
宇都宮啓吾
今回の講習は訓点資料に関する入門として位置付け、訓点資料とはどのようなものかとい
った概説的なところから、ヲコト点と加点者との関係についてまでを解説します。初学者
にとって、訓点資料の素性を理解する際の大きなハードルとなるのが、ヲコト点と奥書と
の関係や奥書にある人物をどのように調べるかということです。そのため、この点につい
ても具体的な資料を用いて解説していきます。

月本雅幸
訓点資料を広く国語史研究に活用するためには、それを解読しなくてはなりませんが、その具体的な方法については余り知られていないのが実情です。そこで、具体的な資料の画像を使用して、どのように解読すればよいか、その方法論を具体的に指導します。なお、今回扱う資料はこれまでの月本の講習において扱ったものとは全く異なりますので、従来の講習を受講された方の再度の受講も十分に可能です。

第2回 12月18日(日)開催
小助川貞次「漢籍訓点資料入門」
宇都宮啓吾「訓点資料調査法」

小助川貞次
訓点資料は漢文の内容から、漢籍訓点資料、仏書訓点資料、国書訓点資料に大別されます。この講習では漢籍訓点資料について、漢文本文の内容、訓点の種類、資料へのアクセス方法、研究課題などの概要を学んだ上で、デジタルアーカイブで公開されている漢籍訓点資料から、古活字版尚書(国立国語研究所日本語史研究資料)、漢書楊雄伝(e国宝)、世説新書(e国宝)を取り上げて、漢籍訓点資料解読の楽しさと難しさを体験します。

宇都宮啓吾
前回に引き続き、訓点資料に関する入門編として、訓点資料の調査法について解説します。訓点資料を前にしてどのように調査をするか、また、どのような点に着目するかといった内容を具体的資料とともに書誌学的な観点を交えて解説していきます。合わせて、聖教の奥書等にある僧名についてどのように調べるかを具体的な資料等に基づいて、解説を行い、そこからどのようなことが考えられるかといった発展的な問題についても言及します。

The Society for Research in Kunten Language